衝撃検知に最適な±32G対応 小型加速度センサ「KX222 / KX224」を開発

家電・産業機器やスポーツ・フィットネス機器の高機能化、小型化に貢献

Kionix KX224

要旨

ロームグループのKionix, Inc.,(本社:ニューヨーク州イサカ)は、産業機器やスポーツ・フィットネス機器の衝撃検知に最適な高G対応の小型加速度センサ「KX222 / KX224」を開発しました。

「KX222 / KX224」は、最大±32Gまで測定範囲を拡大するとともに、2mm角、3mm角の小型パッケージを採用しており、各種アプリケーションの高機能化や小型化に貢献します。

本製品は2016年9月よりサンプル出荷(サンプル価格1500円/個:税抜)を開始しており、12月より月産100万個の体制で量産を開始します。

背景

一般的に加速度センサは±20G未満の加速度が測定できる場合は重力や傾きの検知に、またそれ以上の場合は衝撃検知に適したセンサとされています。

これまでスマートフォンの傾き検出など、モバイル機器向けに低Gの加速度センサが広く活用されてきましたが、各種機器の高機能化、多様化により、その用途はますます広がっています。特に近年は、白物家電や産業機器分野での振動検知、スポーツ・フィットネス機器における衝撃検知などの実現が期待されています。

こうした中、Kionix社は、MEMSセンサにおけるリーティングカンパニーとして、加速度センサの測定範囲の拡大のほか、ジャイロセンサやコンボセンサのラインナップ拡充を進めてきました。

新製品の詳細

今回、開発した「KX222 / KX224」は、±8G、±16G、±32Gの3つの検出範囲を設けており、アプリケーションのニーズにあわせて検出範囲の設定が可能です。Kionixが長年培ったMEMS生産技術を駆使し、従来品よりも高い加速度の検知に適したMEMS構造を実現、振動検知や衝撃検知に適した±32Gまでの加速度検出を実現しました。 最大25.6kHzのサンプリング・レートや、従来の加速度センサと比べ約3倍となる高い共振周波数(最大6kHz)も振動検知・衝撃検知といったアプリケーションに適しています。また、従来構造よりも耐衝撃性・耐久性に優れた構造により、振動検知など過酷な環境下でも正確な動作が可能です。

ロームグループでは今後も、IT機器や産業機器、IoT市場などのニーズに対応するため、高精度かつ小型のセンサラインアップを拡充してまいります。

対応アプリケーション