企業プロフィール

Kionix, Inc. は、ニューヨーク州イサカ市に本拠を置くグローバル MEMS 慣性センサ メーカーです。 Kionix 社は、高性能、低消費電力の加速度センサジャイロスコープ6 軸複合センサに加え、幅広いセンサの組み合わせ、オペレーティングシステム、ハードウェアプラットフォームをサポートする包括的なソフトウェアライブラリを提供しています。世界中の大手消費材企業、自動車メーカー、健康フィットネス、工業メーカーが、自社製品のモーションベース機能を実現する、Kionix センサおよびトータル システム ソリューションを使用しています。

Kionix が開発した最新製品としては、2x2x0.9mm 加速度センサと、画期的な KMX61G デバイスなどがあります。この加速度センサは高さわずか 0.7 mm で、フル機能を備えた、低消費電力のセンサです。KMX61G デバイスは、統合センサ フュージョン ソフトウェアと自動較正アルゴリズムで強化された、高性能かつ低消費電力の地磁気/速度センサ デバイスで、業界初の非常に正確なジャイロ エミュレーションを提供します。 

Kionix は、プラズマ マイクロマシニングとして知られるディープシリコンおよび独自 MEMS 技術を大量生産に利用しています。 この技術の例については、プラズマエッチング ビデオ を参照してください。MEMS 慣性センサが製造される方法を説明しています。 Kionix はこの技術を使用することで、パフォーマンスや製造コストにおいて他社の追随を許さないMEMS 製品を生産することができます。当社はこのように、許諾製品や、内部開発による知的財産の広範なポートフォリオを誇っています。

Kionix は、2009年11月16日に日本のローム株式会社に買収されました。Kionix は、大手半導体メーカーであるロームのリソースを活用して、その技術力を高め、コストを削減しながら成長を維持し、確立済みの豊かな国際的顧客基盤を通してグローバルリーチを拡大していきます。当社は今後も Kionix として営業を続け、製品は引き続き主にニューヨーク州イサカの本社で生産されます。Kionix のセールス、開発支援、統合知識、価格設定におけるお客様第一主義は、今後も最優先事項です。

Kionix は、2 箇所の専用 MEMS 製造工場と社内の試験施設により、他社の追随を許さない品質をお客様に提供しています。米ニューヨーク州イサカおよび日本の京都に所在しているこれら施設では、6 インチおよび 8 インチウェハ処理、クラス 100 および 1,000 のクリーンルーム、クラス10,000 の試験クリーンルーム、最先端の製造機器、高速自動化試験機を備えています。Kionix の施設では、製造プロセスの全ステップで冗長性を備えていることに加え、最大規模のお客様に対しても発注から納入までの期間短縮を実現する一方、Kionix の業界最高の製造プロセスの約束によって、優れた PPM(parts per million)成功率を達成しています。

Kionix は、製品用途の増加を求める市場の声の高まりに対応すると同時に、自動車、民生用電子機器、バイオテクノロジー、ワイヤレス通信、医薬品研究などの多様な産業で新製品の機会を生み出せるよう、努力しております。

Kionix は ISO 9001:2008、TS 16949、ISO 14001: 2004 に登録済みです。

Kionix の利点

  • 低電力、高性能の加速度センサ、ジャイロスコープ、6 軸コンビネーション センサの多様な製品ライン。
  • 幅広いセンサ コンビネーション、オペレーティング システムおよびハードウェア プラットフォームをサポートする、センサ フュージョン ソフトウェアを含む包括的なソフトウェアライブラリ。 
  • 比類のないアプリケーション開発ツール、ファームウェア、リファレンス設計開発支援。 
  • 全米、ヨーロッパ、アジア全域に営業拠点を持つ世界的な展開。
  • 開発初期から始まり、発注書発行後も継続し、お客様が製品を市場投入するまで見届ける提携手法。
  • 厳しい納期で量産要求を満たすことのできる、世界クラスの製造能力と機能。